資料室

関連書籍

白蘭
岡本八千代著。国会図書館デジタルライブラリへのリンクを貼っておく。著作権保護期間満了のた め、全コマダウンロード可能。小説家の著者は、趣味として佐賀錦を織っていたらしく、白蘭という随筆集で佐賀錦に触れている。曰 く「佐賀錦を織るときおしやべりをすればきつと間違ひます」とのこと。すでに亡くなられているとは思うが、仮にご存命で、鹿島錦 保存会の教室を見学にいらしたら、「実に五月蠅ひ」と激昂されるのではなかろうか。ちなみに私の場合はしゃべらなくても間違え る。
内職に関する調査
東京市社会局編。リンクは国会図書館デジタルライブラリ。佐賀錦の由来の説明に難あり。道具を 「あばり」ではなく「あぐり」と記してある。刊行された大正時代はあぐりで通じた模様。必要な練習期間「一週間から一ヵ月」に 涙。そんなわけない。
鹿島市制三十周年記念市勢要覧
鹿島図書館に収蔵。若き日の樋口先生の姿も。文化祭展示の方法は、今では考えられないほどワイル ドでアグレッシブ。
鹿 島市制六十周年記念市勢要覧 三十周年の時より扱いは悪くなっている。まあ、いろいろ時代も変化したし、仕方ないか。リンクは 鹿島市の当該ページ。電子書籍用ファイルやPDFデータがある。
日 本の伝統染織事典
中江克己著。日本全国津々浦々の織物や染物について紹介した本。2020/10/12時点、鹿島 市民図書館に収蔵あり。ちなみに私が借りているため、返却するまでしばし待たれよ。佐賀錦のことも紹介されているが、若干事実誤 認あり。リンクはAmazonの商品ページ。アフィにあらず。
すぐわかる染め・織りの見わけ方
丸山信彦監修。鹿島図書館収蔵。こちらも全国の染織について解説した本だが、写真が豊富で視覚的な楽しみに満ちている。相変わらず材料に関する解説が微妙。もしかしたら佐賀市の担当部署が勘違いしたまま説明しているのかもしれない。色漆は、「漆箔を貼る」のでなく、単に下地の上に色漆を重ね塗りするだけのはず。「熟練者も少数ない」など誤植があるのも残念。それと、現在高級な希少品となっている、のではなく、昔から高級な希少品。古書が安く出回っているのでスキャン用に購入した。
佐賀錦
毛利元博著。作品写真の中に3-1の図案がやたらと多いのが佐賀錦風だなというのが第一印象。歴史的経緯も詳細に記してあり、昭和に出版された本の中では出色の出来と思われる。図案も豊富。ただしちょっとスタンスがスノッブ。
以下編集中





おりがみ陶芸と鹿島錦という二つの工芸を簡便に紹介するサイトです。